☆戦前の鯉つかみ券付乗車券 (昭和12年?)

ヤフオクで見つけて落札したものです。

2010.11.10.


発行年はありませんが、下のチラシの6月13日が第二日曜日とすると、昭和12年と思われます。この年、日中戦争が始まり長い世相は一気に暗転していくのですが、戦前の古き良き時代の最後の夏のイベントの貴重な資料といえます。
運賃込みの会費50円は、いまの価格なら1000円前後(往復割引運賃500円+魚つかみ500円として)といったところでしょうか?

(裏面)


切符・チラシともほぼ原寸大です。


この切符を手に入れた2011年1月にたまたま京都市歴史資料館で開催されていた「京都名所図会」竹村俊則の原画展に、昭和30年代半ばの八瀬遊園地の様子が展示されていました。

会場の「子供プール」も絵の右下の線路と高野川の間にあります。

この遊園地は、昭和のはじめ叡電の開通と共に開設され、昭和39年に(新)八瀬遊園の開業とともに移転廃止されました。

私も40年以上前(笑)に幼稚園の遠足で遊びに行った記憶があります。ちいさな動物園や鳥小屋そしてプール横の広場でお弁当を食べているところなどがアルバムに残ってます。

絵の右上の他の絵に隠れているところには、ヘルスセンターがあり、かま風呂に入りお芝居やお食事が楽しめました。

廃止後も、施設の一部は茶店や旅館として残っていましたが、21世紀に入ってすぐに敷地は売却され、今では、老人ホームや病院や駐車場になり、ここに遊園地のあった名残は何も残っていません。

それにしても、切符と名所絵という懐かしいものが一度に手に入った偶然にびっくりしてます(^^♪


展示品一覧へ戻る  HOMEへ戻る  本館の「叡山電鉄」のページへ

SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO