越後中里付近
コース紹介へ 上野駅へ 秩父鉄道へ 高崎付近へ 渋川付近へ
水上付近へ 碓氷峠付近へ 長野・上田付近へ    
HOMEへ 旅日記館トップへ 国鉄・JR館へ 私鉄館へ 切符館へ

清水トンネルを抜けて、新潟県側へやってきました。水上では山肌に残雪が残り、小雪がちらつく程度でしたが、ここではまだ冬真っ盛り、スキー場は、多くのスキーヤーで賑わっていました。地元の人に聞くと、「今年は暖冬で雪が少ない。」とのことでしたが、関西人の目には、大雪に見えました。
(昭和54年3月15日)

魚野川鉄橋を渡る183系の「とき」

ループ線の「松川トンネル」へ向かう、181系「とき」

「松川トンネル」に吸い込まれる「とき」。この付近は上下線が大きく離れている。

「魚野川鉄橋」を渡る急行「佐渡」号。グリーン車も組み込まれた12連の堂々たる急行編成で走り抜けていく。

183系の「とき」が「魚野川鉄橋」を渡る。

EF15とEF16の重連に引かれた重量貨物列車が、鉄橋を渡り、清水トンネルのループ線へ向かう。

湘南色とスカ色の混色編成の荷物電車。
クモニ83が吊りかけモーターを響かせて発車していった。
越後中里駅構内

私たちも、この列車を追いかけて再び高崎に戻り、信越線へ足を向けることとしました。

SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO