その1

南部その5へ ページの先頭へ 飯田線(北部)
その2へ
   
HOMEへ 私鉄館へ 国鉄・JR館へ 切符館へ 旅日記館へ

(注)キャプションの形式番号は、一部推定のところもあります。間違いのさいは、ご了承いただくとともに、正しい形式をご教示いただければ幸いです。
また、管理人の不手際で、撮影時ににゴミが写りこみお見苦しい画像になっていることをお詫びいたします。

社会人二年目のGW、暇は無くなりましたが、金回りは良くなったので(笑)、かねて希望の飯田線北部へ撮影に出かけました。
伊那谷には、旧型国電が最後の活躍をしていました。

(昭和58年4・5月)

ED62の牽くセメント列車

白帯を締めた事業用貨車が雪解けの鉄橋を渡る。

車掌車だけのミニ貨物列車。GWで荷物が無いのか、何度も見かけました。

SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO