ひと昔前の大阪駅

(HOME)へ   (その1) (その2)へ (国鉄・JR館top)へ

夏休み最後の思い出に、固定焦点の35ミリカメラ片手に大阪駅に向かった。
資料は、時刻表からぬきがきした優等列車の発車時刻のメモだけ。
列車の形式も運用もほとんどわからず、ホームからホームへ駆け回った。
今、写真を見てみるとほとんどがホーム側から写している。対向ホームから、列車の側面を写すことなど思いつかなかったようだ。
昭和48年8月31日

北陸へ向かう「雷鳥」号
この頃は、ボンネットもとなりのホームの20系も珍しくもなんしもなかった。

大阪駅に着いた「あかつき」号
海坊主とあだ名した、丸まった最後尾のデザインもなつかしい

福知山線経由で山陰へ向かう急行「丹波」号
キハ58も、「急行」という種別すら無くなりかけるとは、思いもよらなかった。

播但線経由で山陰へ向かう特急「はまかぜ」号

南九州からの長旅を終えた、特急「きりしま」号の面構え

(HOME)へ   (ページの先頭)へ (その2)へ (国鉄・JR館top)へ




SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO