近江鉄道


(HOME)へ (田村・米原)へ (その1)   (その2)へ (私鉄写真館top)へ

はじめて近郊の撮影地へ鉄道写真を撮りに出かけたのは、田村・米原・彦根方面です。
(撮影日=昭和49年4月29日)

米原機関区を訪問した後、駅まで歩き、今度は近江鉄道を見物することにします。
ホームには80系の大垣行きが止まっていました。

彦根までの国鉄の切符を買って入場しましたが、近江鉄道との連絡改札は無かったらしくて、そのまま近江鉄道のホームへ行きました。
ここには郵便荷物車を連結した列車が止まっていて、「私鉄にも荷物専用電車があるのか!!」と驚きました。

↑「モユニ10号郵便荷物車」米原駅にて
←写真「モハ3号」




そのまま佐和山トンネルを抜けて近江線で彦根に向かい改札を出ようとすると、「近江線で来たなら差額運賃を払いなさい。」と呼び止められてしまいました(^^;




「ED31-2」彦根駅構内

「ED4001」彦根駅構内
駅の東側は当時も今も彦根駅構内「鉄」のメッカで雑多(失礼)な車両が留置してありました。車庫に沿う道路には柵もなく、撮影には好都合でした。ED14やED31、ロコ1101などすでに40−50年の車齢を重ねた電気機関車が貨車を引いて出入りしていました。貨物列車の本数はかなり多かったようで、特にダイヤを知らなくても数をこなせました。

(HOME)へ (田村・米原)へ (ページの先頭)へ (その2)へ (私鉄写真館top)へ




SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO