四国・山陽方面の撮影旅行

(その1)

松山駅に着くと、さっそく市内線から撮影を開始しました。この町ではまだ、路面電車が大活躍していて次々と電車がやってきました。一日乗車券のようなものは無かったのですが、車内で回数券を発売していたのでそれを利用することにしました。
今は、SL形機関車に引かれた「坊ちゃん列車」も走る線路をまずは、道後温泉まで行ってみました。
帰りは、城北線(環状線の北半分)で撮影しました。この区間は単線の専用軌道区間で、商店街の中を縫うように走っています。嵐電や江ノ電、都電荒川線のような雰囲気です。

そのあと、古町の車庫を訪ねました
コース紹介へ 伊予鉄道(2)へ 大畠付近へ 広島電鉄へ 瀬野八へ
倉敷・岡山付近へ        
HOMEへ 旅日記館トップへ 国鉄・JR館へ 私鉄館へ 切符館へ

昭和53年の夏休みの終わりに、大学の鉄道サークルの仲間と、瀬戸内地区の撮影旅行に出かけました。

SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO