福塩線へ 可部線へ 瀬野八へ 広島電鉄へ 伊予鉄道へ
土佐電鉄へ 予讃線・土讃線へ 高松琴平電鉄へ 下津井電鉄へ 岡山電軌へ
         
HOMEへ 旅日記館トップへ 国鉄・JR館へ 私鉄館へ 切符館へ

福塩線

可部線

広島電鉄

伊予鉄道

土佐電鉄

土讃線

予讃線

高松琴平電鉄

瀬野八

下津井電鉄

岡山電軌

旅の足跡
  路線名をクリックするとそのページへ飛びます

 昭和55年春の撮影行は、四国方面になりました。
 前回の四国行きとは逆に、広島から瀬戸内海を渡って、松山の集合地へ向かうこととしました。
 なぜ、このようなコースをとったかと言うと、当時は「仁堀航路」が健在で、山陽線・呉線(竹原または海田市経由)・仁堀航路のコースが利用できたからです。
 当時のメモによれば、3月11日の朝に京都駅を出発し、福山→広島→呉→松山→高知→丸亀→下津井→丸亀→高松→宇野→岡山→京都着と、4泊5日で移動しています。


SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO