写真散歩
山 科 大 築 堤

(2006.08.15)

京都の鉄道今昔の臨時増発で山科築堤を見てきました。

地下鉄の御陵駅を降りて南へ向うと、大築堤が見えてきます。おそらく大正時代に作られたままのレンガ造りの通路がありました。
回りは、コンクリートで固められていますが、昔は土手だったのでしょう。フェンスが取り囲んで上れなくなっています。

北花山の商店街を抜けて、東山トンネルの出口に回ってみました。線路脇に駐車場があってそこから、線路を見ることが出来ます。

写真の湖西線の混色電車がいるあたりが、旧国道一号線の交差付近で諸先輩方の有名な作品が写されたところです。カーブの終わりになり長大編成もファインダー内にすべて収まり、勾配区間なので煙も期待できます。築堤で遮るものも無く、まさに、鉄道写真を撮るために作られたような区間だったのでしょう。

もちろん、今は線路敷きには入れませんが、こうして限られた撮影場所から眺めても当時の感動は伝わってきます。

展示品一覧  HOME    次へ
SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO