☆戦前の叡山空中ケーブルの乗車券
ヤフオクで見つけて落札したものです。
図書館で見た京福電鉄の社史で写真は見たことがあるのですが、実物が手に入るとは思いませんでした。
現在のロープウェイとはコースが違い、ケーブルの山上駅から延暦寺の西塔付近へ向うルートでした。
管理人が学生だった昭和50年代には、まだ、駅の名残が残っていたように思います。
2005年の秋に比叡山へ登った時は、もう単なる明き地になっていて、痕跡は何もありませんでした。



昭和7年7月21日の日付印が押されています。
下の地図の「蛇池運動場」と書かれた付近から写したロープウェイと大原の里の図柄です。
二十銭の運賃は今ではいくら位になるのでしょう?500円くらい?



裏面の拡大
当時は「京都電燈株式会社叡山電鉄部」の経営でした。



切符の写真と同じ場所から写した大原の里の風景と現在のロープウェイ (2005.11.19)


展示品一覧へ戻る  HOMEへ戻る  次へ  本館の「叡山電鉄」のページへ

SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO