写真散歩


京都駅前(その1)

京都の鉄道の総集編は、やはり京都の鉄道の中心、京都駅から始めたいと思います。すでにブログや掲示板で公開済みの写真等も出てきますが集成版ということでお許しください<m(__)m>
このシリーズはやぶおさんのHP 「寝台券は売り切れ満席」の掲示板」との共同企画でお送りしております。こちらも合わせてご覧ください。


この写真は、昭和39年発行の京都市内遊覧の定期観光バスのパンフレットに載っている物で、おそらく駅前の関電ビルの屋上から撮影したと思われる、三代目の京都駅舎と駅前広場の情景です。(画像をクリックすると原寸大の写真を表示します。)
私たちの年代の人間が頭に浮かべる京都駅と言うとまずこの建物です。昭和50年代には、駅頭に「京都駅」と書かれた看板のかわりに「新快速は15分ごとに発車、大阪まで29分」と書いた大きな宣伝が掲げられて、「表札が無いのが京都の七不思議のひとつ」などと言われていました。

画像管理者の掲載許可済、無断転載を禁ず、(C)奥野利夫

この写真は、昭和24年1月に撮影された、まだ占領下の二代目京都駅の貴重な写真です。画面右手の入り口付近に「RTO」(RAILWAY TRANSPORTATION OFFICE の略で、進駐軍の鉄道輸送事務所のこと)の掲示がされています。
この建物は、大正3年8月、大正天皇の京都での即位式に合わせて、総檜造り二階建てルネサンス式建築様式の2代目駅舎が建設されました。
上の写真の撮られた翌年の昭和25年に焼失、2年後の昭和27年に三代目駅舎に建替えられます。


この写真は、昭和62年の正月に駅前の点鉄百貨店で開かれた「京の鉄道展」の入場券に描かれた初代京都駅のホームの様子です。説明書きによればこの駅舎が建っていたのは現在よりやや北側、現駅前広場あたりだったそうです。


これが、平安建都1200年に合わせて、1997年に完成した現在の駅舎です。ホテル・百貨店・劇場・美術館なども合わせた複合施設です。

今昔のトップへ戻る   HOME 次へ



SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO