ページの先頭へ その2へ 伊豆箱根鉄道へ 箱根登山鉄道へ  
HOMEへ 私鉄館へ 国鉄・JR館へ 切符館へ 旅日記館へ

(その1)


昭和60年の夏、伊豆箱根鉄道大雄山線と伊豆急行線を訪ねました。
 (S60/07/21)

伊豆急へ行ったのは、この前日より走り出した「リゾート21」2100系の初乗りが目的でした。この展望電車が出来たときに名前を募集していたので、適当に(笑)書いて応募すると、当然に採用はされませんでしたが、応募者の中から抽選に当たったとかで試乗用の記念乗車券を贈ってもらったのです。それで、夏休みになるのを待ちわびて伊豆へ向かいました。

写真は、登場翌日のピカピカの展望電車です。(伊東駅にて)

車内は、海側は窓に向かったパノラマシート、山側は一人がけのロマンスシートになっています。海側の窓は大きな連続窓になっています。

後に行くほど高くなっている、先頭車のパノラマシート。前面展望をさまたげないように、運転室の仕切りも低くなっています。
このだけの設備を特別料金無しで利用できます。横手の185系の転換クロスで高い特急料金をふんだくられる(失礼)のとは、えらい違いです。

稲取温泉付近の海岸線を走るところです。水平線には、伊豆大島が霞んでみえます。

SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO