(HOME)へ (鹿児島市電)へ   (鹿児島観光)へ (私鉄館top)へ
(HOME)へ (鹿児島市電)へ (ページの先頭)へ (鹿児島観光)へ (私鉄館top)へ

南鹿児島 10:05 3736D
西鹿児島 10:10  
西鹿児島 10:20 926D
伊集院 10:44  
伊集院 10:58  
加世田 12:00  
加世田 時刻 バス
知覧 不明  
知覧 16:20 バス
枕崎 17:04  
枕崎 17:15 758D
西鹿児島 19:52  

  
 南鹿児島駅で市電の撮影を切り上げ、次の枕崎線の列車で
 伊集院へ向いました。

 駅の構内には、鹿児島交通の気動車が待っていました。
 (昭和56年3月7日)
 切符を買い、さっそく乗り込みます。しばらくして発車、ポイントを渡り、
 鹿交線に入るや否や、乗り心地は大変良くなりました(笑)。
 この時までも、これ以後も多くの列車に乗り合わせましたが、これほど
 すごい線路&車輌に当たったのは最初で最後です。思わず、棚から
 荷物を取り下ろしました。
 さすがに、数人の地元乗客は、平然としたものでしたが(^^ゞ

伊作駅ですれ違う、国鉄鹿児島駅乗り入れ列車。ここと、この後訪問した島鉄では、国鉄線乗り入れが行なわれていました。
抜けるように青い南国の空に、濃いオレンジ色の客車が映えます。

加世田駅を発車する、キハ105+106。

加世田駅構内で憩う、キハ104。後ろには、古い貨車も写っています。
この構内には、古典SLが留置してあったのですが、このときはそうとは知らず、線路脇から数枚写真を撮り、昼食をとってからバスで、知覧へ向いました。切符も記念に購入しなかったのか一枚も手元にありません。
この数年後、台風で一部休止そして廃止と追い込まれるのですが、いつもながらに記録の大切さを思い知らされます。

今、この駅と車庫の跡地は「加世田鉄道記念館」となり古典SLや気動車が他の貴重な資料とともに展示保管されているそうです。
薩摩半島は遠いですが、また機会があれば訪ねてみたいものです。

(参考HP:kammai's pageの加世田鉄道記念館のページ)

この加世田駅の入場券は、お世話になっております、やぶおさんより許可を得て掲示板の画像を転載したものです。無断転載はお断りします。
(C)「寝台券は売り切れ満席!!」 by やぶお
SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO