(その2)

終点のごめんまで往復した途中の停留所で写した「213」号

広島電鉄へ 伊予鉄道へ 土佐電鉄へ 琴電(1)へ 下津井電鉄へ
岡山電軌へ 予讃・土讃線へ      
HOMEへ 私鉄館トップへ 国鉄・JR館へ 切符館へ 旅日記館へ

昭和55年春の撮影行で、四国を旅しました。
松山・高知・琴平と回って高松にやってきました。
(昭和55年3月17日)
 

金毘羅さんの1368段の石段も、駕籠で楽々(^^ゞ

瓦町駅の側線に留置中の「22号」、近鉄よりの譲受車でのっぺりした(失礼)前面に比べ、優美な飾り窓の付いた側面が際立っています。

瓦町駅に停車中の「65号」ほか2連の長尾行き。上の「22号」とも25年後の今(2005年夏)も現役で活躍しているようです。

今橋車庫に留置中の「610号」。木造旧型国電の生き残りで、モニター屋根や狭い窓などに面影が残っています。

この後、宇高連絡船で再び岡山へ戻り、岡山電軌を撮影して帰京しています。

このページで使用しておりますイラストは、素材集「みてみ亭」の中の「秋内音絵」さんの作品をお借りしています。無断転載はお断りします。

SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO