京都市電より譲渡された、2000形も改造が終わり、伊予鉄2000形として活躍していました。

管理人(左)とM君、柳井港駅にて。
バックの看板の「国鉄連絡」の文字に注意


昭和55年春の撮影行で、松山を再訪ました。
当時のメモによれば、前日の朝に広島市内で撮影、午後は呉経由で瀬戸内を渡り松山入りしています。
(昭和55年3月14日)

古町では、伊予鉄の鉄道線、軌道線、自動車線の揃い踏みが見られました。

このあと高知行きの急行バス「なんごく号」で松山へ向かいます。

(その3)

広島電鉄へ 伊予鉄道(2)へ 土佐電鉄へ 高松琴平電鉄へ 下津井電鉄へ
岡山電軌へ 予讃・土讃線へ      
HOMEへ 私鉄館トップへ 国鉄・JR館へ 切符館へ 旅日記館へ
SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO