昭和55年春の撮影行は、四国方面になりました。
当時のメモによれば、前日は瀬野八で撮影し、広島泊、翌日の朝に広島市内で撮影、午後は呉経由で瀬戸内を渡り松山へと、忙しく移動しています。
 (昭和55年3月13日)

原爆ドーム前を走る、「1911」(上)と「1910」(下)ともに、もと京都市電です。方向幕がすこし大型になっていますが、塗装も含めて原型をよくとどめています。

連接車の「2501+2502」。のちに3連接車に改造され、3100型となりますが、この頃は2連車でした。

こちらは、3連接車の「3002ACB」。もと西鉄福岡市内線の電車です。
広島電鉄(1)へ 広島電鉄(3)へ 伊予鉄道へ 土佐電鉄へ 高松琴平電鉄へ
下津井電鉄へ 岡山電軌へ 予讃・土讃線へ    
HOMEへ 私鉄館トップへ 国鉄・JR館へ 切符館へ 旅日記館へ

(その2)

SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO